自分がなれる二重の種類は?

二重の種類

一重の辛さは一重の人にしかわからないものがあります。

 

見ているだけなのに「睨まれてるのかと思った」と普通に言われてしまうのが一重の辛いところ。

 

瞳も二重の人のように綺麗に出ません。瞳の上の部分がまぶた隠れちゃうんですよね。

 

だから笑顔でもイマイチ顔が笑ってない。これは一重の人にしかわからない辛さ。

 

写真で見る自分の顔は見慣れているけど、いつもイマイチの顔…。

 

二重の人と一緒に写真を取れば自分の目の細さにショックを隠せません。

 

生まれつき整った二重の人の目をみると羨ましくなりますよね。

 

そんな一重の人は二重にしたい!と願うものですが、今二重といってもさまざまな種類がありますが、どんなタイプがあるのかご存知ですか?

二重の種類

二重は蒙古ひだがあるかないかで大きく分けられます。

 

蒙古ヒダがある場合は「末広型二重」蒙古ヒダがない場合は「並列型二重」になります。

 

末広タイプの二重は日本人に最も似合うと言われている二重タイプで、一重の人で蒙古ヒダがある人が二重にするとだいたい末広型二重になります。

 

完全に一重の人が二重にするにはアイプチを使ったり、二重整形手術を受ける方法が有効です。

 

ネット通販で購入できるアイプチならナイトアイボーテがおすすめですが、ラピエルと一緒に使うことで比較的早く自分の理想の二重に近づけることができます。

 

ラピエルで可能な二重は奥二重の人のまぶたを二重幅を広げる、末広型の二重に近づけること。

 

奥二重だとアイシャドウがうまく塗れなかったり、一重と間違えられることもありますよね。

 

こんな悩みを持っている奥二重の人はラピエルがピッタリです。

 

リスクが伴う二重手術を受ける前に、ラピエルで二重幅を手に入れてみてくださいね。

 

TOPページ⇒ラピエル二重効果は嘘?口コミと使い方・塗り方を徹底検証!はこちら