ラピエルでほうれい線ケアはできる?

ラピエル ほうれい線

顔の変化で特に年齢を感じさせるのが「ほうれい線」ではないでしょうか。

 

ほうれい線は30代以降に目立つようになりますが、今は若い世代でもほうれい線ができつつある人が増えています

 

ほうれい線は一度できると消すのが難しい大きなシワです。年齢を重ねた時にほうれい線があるのとないのでは見た目年齢が大きく異なるのは言うまでもありません。

 

可能な限り、ほうれい線はできないようにしたいですよね。ではラピエルでほうれい線ケアはできるでしょうか?

ほうれい線ができる原因

ほうれい線の原因は「たるみ」です。

 

肌の弾力やハリを保っている真皮層が変性し、肌がたるんでしまうことでほうれい線が形成されます。

 

真皮層が変性する原因として加齢による筋肉量の低下、紫外線の影響、コラーゲンやエラスチンの減少が挙げられます。

 

また顔に皮下脂肪が増えると脂肪の重みでたるみが発生します。

 

若い世代の人に増えつつある浅いほうれい線の原因は肌の乾燥です。

 

紫外線や乾燥によって肌のキメが乱れ、肌の柔らかさが失われて薄いほうれい線ができやすくなります。

ほうれい線を消す方法

ほうれい線を消すために最も推奨されているのがエクササイズで表情筋を鍛える方法です。

 

舌を使った顔のエクササイズでほうれい線ケアができます。

 

また化粧品では肌にハリを与える保湿化粧品に使用をすることが理想的です。

 

その他、紫外線を浴びないようにする、ストレスをためない、間違ったスキンケアをしないようにすることが大切です。

 

加齢によって肌の保湿が失われると紫外線の影響を受けやすくなり、よりほうれい線ができやすくなります。

ラピエルをほうれい線ケアに使って期待できる効果

ラピエル ほうれい線

ラピエルには保湿力がヒアルロン酸の130%のプロテオグリカンとリピジュア、口元のハリが気になる時に効果的なグラウシンが配合されています。

 

グラウシンには肌の引き締め効果ハリ感アップ効果があり、この両方の効果でほうれい線が目立ちにくい肌へと整えてくれます。

 

ラピエルは寝ている間に成分が角質層に浸透して、たるみが気にならない柔らかい肌質へと導いてくれます。

 

さらに保湿の王道成分、セラミドが肌のコンディションを整えます。

 

ラピエルはほうれい線ケアに必要は高保湿成分が配合されているので、ラピエルを使うことでほうれい線ケアができると言えるでしょう。

 

ただし、ラピエルだけでほうれい線ケアをするのではなく、エクササイズも含めてケアしたほうがより効果が得られます。この両方を合わせて気になるほうれい線を改善できるのでどちらも忘れずに行ってくださいね。

 

顔のハリが欲しい方、ほうれい線を消したい方は効果的な化粧品としてラピエルをお試ししてみてくださいね。

 

TOPページ⇒ラピエル二重効果は嘘?口コミと使い方・塗り方を徹底検証!はこちら