二重幅を広くするにはどうすればいいの?

二重は二重でも奥二重、または幅が狭い二重で、もっとはっきりと二重幅を大きくしてパッチリ二重にしたいたいという方もいらっしゃると思います。

 

一重で二重にしたい人からすると贅沢な悩みではありますが、二重なら二重なりの悩みがあるのも事実です。

 

メイクを楽しむためにも、自分が追い求める理想の顔になるためにも目は大切ですよね★

 

そこで、ここでは二重幅を広くする方法をご紹介していきたいと思います。

理想の二重幅

二重の幅は広ければいいとうわけでもないんです。日本人の顔としてナチュラルな二重を作りたいのであれば10mmが最大と言われています。

 

それ以上は不自然に見えたり、欧米人のようになったり…日本人の顔には似合わない幅になってしまうそうです。

 

二重幅を広くしたいのはもっと可愛くなりたいからですよね?

 

何mm幅がベストかは人によって違うので、自分はどのくらいの幅だと一番理想の顔になれるのか、なのとなくでもいいのでアイプチで確かめてみてくださいね。

まぶたマッサージ

二重幅を広くする方法の1つ目は、まぶたマッサージをです。

 

まぶたマッサージをするとまぶたの皮膚が上に持ち合がり、二重幅が広がるのです。

 

物理的に広げてしまおうという方法です。

 

まぶたのマッサージのポイントは、親指や指の関節を使って眉毛部分の骨を押し上げるようになぞることです。

 

湯船に浸かっている時や、お風呂を上がった後にマッサージをするとより効果的です。

 

ただし、まぶたの皮膚幅薄くできているため力を入れ過ぎないようにしましょう。

アイプチを使う

2つ目は、アイプチなどで少しずつクセをつける方法です。

 

ただし、無理してラインの位置を上げすぎないようにしましょう。

 

特にオススメなのが夜眠る前に夜用アイプチをすること。

 

寝ながらクセをつけることができるので、日中にアイプチをしなくても、継続することでクセがつきやすくなります。

 

日中にアイプチを使わなければアイプチをしていることが周りの人にばれず、かつ自然に二重になっていくので違和感なく幅が広い二重にしていくことができます。

ピンでクセをつける

3つ目は、ピンでクセをつける方法です。

 

二重のクセをつけたい部分をヘアピンでクセをつけていきます。

 

自然な二重幅に仕上げたい日は大きく目を開いて睫毛を指で押し上げるようにして二重幅を作るとナチュラルに仕上がりますよ♪

 

毎日繰り返していくことで二重の幅が広がっていくので、自分ができる方法を実践してみてくださいね。

 

 

またこれらの方法と同時に目元パッチリが期待できるラピエルを使て目元のケアをすると二重幅になりやすいまぶたになります。

 

高級美容成分が入った小顔効果もあるナイト美容液が無料でお試しできるので、目元用のクリームが欲しい方はチェックしてみてくださいね^^

 

 

TOPページ⇒ラピエル二重効果は嘘?口コミと使い方・塗り方を徹底検証!はこちら