二重幅を狭くするにはどうすればいいの?

二重の「形」や「幅」の悩みは絶えませんが、その中でも二重の幅を狭くしたいという悩みを持つ方もいらっしゃいます。

 

二重幅を狭めたいと思う方のほとんどが「二重の切開手術を受けた方」です。

 

ネットでは「昔は幅が広い二重が派手でかわいいと思っていたが、今は後悔してる」「失敗されて幅の広い二重になったので治したい」「知人に不自然で整形したのがバレバレと言われた」といった声を目にします。

 

二重の幅を狭くするための修正手術は、前回よりもはるかに大きなリスクであることは覚悟しておきましょう。

 

ここでは、二重の幅を狭くする方法をご紹介していきます。二重幅を狭める方法は大きく分けて2つ「修正手術」と「メイク」があります。

二重幅修正手術

切開手術

二重のラインより下の皮膚を切除して、二重のラインを下に下げる方法

眼瞼下垂手術

瞼が垂れ下がってきてしまう方向けの手術を応用

 

メリット

極端に幅の広い二重の幅でも、手術を行えば狭くすることができ、それが一生続きます。

デメリット

修正手術は1回目よりもはるかにリスクが高い1回目の手術で皮膚を多く切除してしまっていた場合、手術することができません。

 

修正手術では皮膚を切除するので、さらに皮膚を取ってしまうと完全に瞼が閉じなくなる恐れがあります。

 

デメリットが多いように感じますが、修正手術が一般的であり、希望通りの二重瞼が一生手に入るのが魅力です。

 

大体の方は修正手術を行えるようです。医師とのカウンセリングを受け、安全で確実な方法で修正手術を行ってください。

メイク

次にメイクですが、これはメスを入れずにメイクでカバーできる分とても安全です。

 

しかし対象者は、幅が極端に広くない方、元々幅の広い平行型二重の方と限られてしまいます。

 

メイク方法は、アイシャドーはブラウン系を使用し、ベースの明るいベージュをアイホール全体に塗り、濃いめのブラウンを二重幅まで濃くぬり、徐々に薄くしていきグラデーションのようにのせていきます。

 

アイラインはしっかりめに引きます。さらに目頭切開ラインをアイライナーで引きます。

メリット

メスを入れないので安全で、だれでもすぐに実践できます

デメリット

かなり濃いメイクになってしまい、毎日メイクしなければならない ので肌に負担がかかります

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分にあった二重幅を狭くする方法を実践してみてくださいね!